調布で不動産売買|ウィズ・コネクション株式会社 > ウィズ・コネクション株式会社 コーポレートサイトのスタッフブログ一覧 > 住宅ローンにおける収入合算とは?条件やメリットデメリットも解説

住宅ローンにおける収入合算とは?条件やメリットデメリットも解説

≪ 前へ|賃貸物件を自主管理するメリット・デメリットとは?業務委託についても解説   記事一覧   アパート名の変更は空室対策に繋がる?変更手続きの流れもご紹介|次へ ≫
カテゴリ:不動産売却・購入

住宅ローンにおける収入合算とは?条件やメリットデメリットも解説

「購入したい物件は決まっているけど、どうしてもお金が足りない」とお悩みの方はいませんか?
パートナーなどと給与を足して住宅ローンを組めば、借入金額を増やすことができるため、希望する物件に手が届くかもしれません。
今回は収入合算とはなんなのか、また、その特徴や利点と欠点などについて解説していきます。
ペアローンとの違いも説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンを組む際の収入合算の条件とは

住宅ローンを組む際の収入合算の条件とは

自分の家をほしいと思ったときに、希望する物件の購入額に借入金が達しない場合は、自己資金で補わなければいけません。
そんな時に使えるのが収入合算で、上手く活用することでローンや支払いの面で楽になります。
方法としては、パートナー同士の収入を合わせて計算し、ローンを組むやり方です。
世帯としての収入を増やすことにより、単独でローンを組む場合に比べ、より多くの金額を借入できます。
借入金額を増やすことができますが、誰の収入でもいいわけではなく、合算者の条件は、多くの金融機関で「同居する伴侶または親族」と決まっています。
また、収入を合わせる金額についても金融機関によって異なり、「本人の収入の半分まで」、「合わせて計算する人の収入の半分まで」、「合わせて計算する人の収入すべて」などというように定められているので、事前に銀行に連絡して尋ねて確認してみてください。
これから、収入を合算する具体的な方法やペアローンとの違いなどについて解説していきます。

連帯債務型

この方法では、伴侶もしくは親族のどちらか片方が主に返済の義務を持ち、もう一方が連帯して返済の義務を持ちます。
このパターンでは、契約主と伴侶もしくは親族がどちらとも返済の責任を持つため、二人とも対等に銀行へのローン返済義務が発生します。
もし、一方が返済できなくなった場合には、もう1人がすべての返済義務を負うことになります。

連帯保証型

契約した本人が返済義務を持ち、伴侶または親族が連帯して保証するやり方です。
この方法は、契約者がローンを返せなくなった場合、返済の責任を持つ者の返済能力の有無に関わらず連帯して保証した人に返済義務が生じます。

親子リレーローン

親子で収入合算を利用する場合には、親子リレーローンという方法を使うこともできます。
この方法は、親が主債務者、子が連帯債務者となり、最初は親が返済していき、高齢に伴って収入が減ったタイミングで子に返済義務を引き渡すやり方です。

ペアローンとの違い

ペアローンは、1人1人が別々の契約を行い、お互いがお互いの保証人になるという方法です。
この方法だと、契約が2つになるため、諸経費が2倍かかります。
そのため、ローンの支払いの一本化できず、返済の仕方が面倒になるという違いがあります。

住宅ローンを組む際に収入合算するメリットとは

住宅ローンを組む際に収入合算するメリットとは

最近では、共働きの夫婦も増えているため、収入を合算する世帯も多く見受けられます。
では、収入を合算してローンを組むメリットには、いったいどのようなものがあるのでしょうか?
これからいくつか紹介していきます。

借入可能金額を増加できる

収入を合算する最大のメリットとして挙げられることは、借入金額を増やせることです。
1人で組む場合に比べて、契約者の収入に伴侶や親族の収入を足すため、より高額な借入の審査にとおりやすくなります。
そのため、買いたい物件は決まっているけれど、資金が足りないという場合には、収入合算を検討してみても良いでしょう。
また、購入する物件の選択肢を広げられるので、より希望条件にそった住まいを購入できます。

住宅ローン控除額を増やせる

年末に残っている残高に応じて、減税される制度が控除です。
借入金が増えると、それだけ残高も増えるため、減税される金額も多くなります。
一般的に、年末時に住宅ローン残高が4,000万円を超えている場合、最大控除額は40万円となり、4,000万円未満の場合はローン残高の1%が最大の控除額となります。
たとえば、残高が2,300万円の場合、控除額は23万円になり、残高が1,500万円の場合の控除額は15万円です。

ローンが1本で済むため諸経費が抑えられる

先ほどペアローンとの違いで述べたように、収入合算はまとめて1つのローンとして組めます。
ペアローンと比べて諸経費が半分になるので、費用を抑えてローンを組むことが可能です。
また、ローンを一本化するため、複数の会社に返済するという手間が省かれます。
いろいろなところに返済するとなると忘れてしまいがちという方には嬉しいローンの組み方ですね。

住宅ローンを組む際に収入合算するデメリットとは

住宅ローンを組む際に収入合算するデメリットとは

借入金額を増やせたり、節税にもなったりする収入合算ですが、デメリットも存在します。
これからデメリットについて解説していきます。

離婚した場合に問題が生じる

住宅ローンの返済中に離婚した場合、返済義務は消えません。
離婚後に購入した物件にどちらが住むのか、また、どちらが残りのローンを払い続けるのかなど、さまざまな問題が生じ、最悪のケースではトラブルに発展してしまいます。
特に、物件の名義が共有されている場合、所有権が引き金となって大きなトラブルにつながることもあります。
万が一を想定して、配偶者ではなく、親に連帯債務者や保証人を頼むことも可能です。
もしトラブルに発展してしまったら、すぐに弁護士や税理士に相談するようにしてください。

債務者しか団体信用生命保険に加入できない

連帯保証型のローンを組んだ場合、主債務者は団体信用生命保険に加入することができますが、連帯保証人はできません。
そのため、もし主債務者が会社を解雇されたなどの理由で返済できなくなった場合、連帯保証人が返済義務を負うことになります。
しかし、主債務者が死亡した場合は連帯保証人に返済義務は発生しません。
連帯債務型のパターンでも、主債務者は加入可能で、連帯債務者は加入できません。
ただし、稀に連帯債務者も団体信用生命保険に加入できる金融機関もあるので、希望する方は確認してみましょう。
また、連帯債務型では契約主と連帯債務者の立場が同等のため、もし主債務者が亡くなった場合でも、主債務者の返済義務はなくなりますが、連帯債務者の返済義務は残るため、注意が必要です。
特に、収入合算をおこなうと借入金額が増えますが、借入可能額が返済可能額というわけではなく借入金額が増えるとそれだけ利息も増え、結果として返済金額が多くなるので、そのようなことも考えて検討しましょう。

どちらかの収入が無くなった場合の負担が大きい

ローンを組んだ際には主債務者も連帯債務者、あるいは連帯保証人も正社員として働いていても、失業や転職などにより、片方の収入が減ってしまうことがあります。
返済終了まで共働きをし続ける前提でローンを組んでいた場合、あてにするはずだった収入が入ってこないとなると、家計がかなり厳しくなります。
急なハプニングにも対応できるように、無理のない借入金額を設定するようにしましょう。

まとめ

住宅ローンの収入合算は、2人の収入を足して審査してもらうため、借入可能額を増やすことができ、購入する物件の選択肢を広くすることができます。
しかし、同時に合計の返済額も増えていくので、自分たちの家計と照らし合わせ、無理のない返済計画を立ててローンを組むようにしましょう。
その際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|賃貸物件を自主管理するメリット・デメリットとは?業務委託についても解説   記事一覧   アパート名の変更は空室対策に繋がる?変更手続きの流れもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る