調布で不動産売買|ウィズ・コネクション株式会社 > ウィズ・コネクション株式会社 コーポレートサイトのスタッフブログ一覧 > アパート名の変更は空室対策に繋がる?変更手続きの流れもご紹介

アパート名の変更は空室対策に繋がる?変更手続きの流れもご紹介

≪ 前へ|住宅ローンにおける収入合算とは?条件やメリットデメリットも解説   記事一覧   新規販売依頼を頂きました【三鷹市井口1丁目一戸建て】|次へ ≫
カテゴリ:不動産売却・購入

アパート名の変更は空室対策に繋がる?変更手続きの流れもご紹介

アパートなどを経営している方のなかには、空室に悩んでいらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。
空室には、これからご紹介する対策を検討することで、解決できる可能性があります。
そこで、所有物件の空室に悩んでいる方に向けて、アパート名を変更することが空室対策に繋がる理由、また変更を検討しても良いケース・悪いケース、変更手続きする際の流れをご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

アパート名の変更は空室対策に繋がる?

アパート名の変更は空室対策に繋がる?

アパートの空室問題は経営するうえで、最大の問題です。
築年数が古い賃貸物件は、アパート名を変更をしてみることで空室対策をおこなえる可能性があります。
ここでは、アパート名の変更がどうして空室対策に繋がるのかを解説していきます。

アパート名はアパート全体の印象を大きく左右する

多くの方が、アパートを探す際は、家賃や間取り、利便性などを考慮しますが、実はアパート名も重要視しています。
たとえば「〇〇荘」や「コーポ 〇〇」といった地域や苗字が入っていると、どのような印象を抱くでしょうか。
それよりも「グラン〇〇」や「メゾン〇〇」といった今風のおしゃれなアパート名のほうが、良い印象を持つ方が多いのではないでしょうか。
アパート名はこれから住むうえで、いろいろな場面で記入したり、友人・知人へ知らせたりすることが多くなります。
その際に、かっこいいイメージのアパート名のほうが入居してもらえる可能性が高くなるでしょう。
同じ家賃で、同じような条件であれば、ほとんどの方がおしゃれな印象の名前のアパート名を選ぶのではないでしょうか。
そのくらいアパート名は重要と言えるため、空室対策には効果的です。

アパート名変更はリフォームより手軽でコストがかからない

リフォームで空室対策をおこなうといった場合は、コストと時間がかかってしまいます。
その間は当然、空室のままであり、さらに多額のコストをかけてリフォームをおこなったからと言って、すぐに入居者が現れるとは限りません。
その点、アパート名の変更は手軽に安易におこなうことができます。
リフォームのように大きな変化はありませんが、コストや手間をかけずに入居率をアップできる可能性があるため、はじめにおこなう空室対策としてはおすすめです。

アパート名の変更を検討しても良いケース

アパート名の変更を検討しても良いケース

アパート名の変更を検討しても良いケースは下記3つのような場合です。
ケース別にそれぞれ解説していきます。

アパート名に分かりづらい難しい漢字が使用されている場合

アパート名に分かりづらい漢字や難しい漢字が使用されている場合は、アパート名の変更を検討しても良いでしょう。
アパート名を口頭で伝える際に、説明しずらかったり、記載する際も書き間違いをしたりといったデメリットが多いです。
また、アパートのイメージがしにくく、物件探しの際に見つけにくいといった可能性もあります。
一般的には、誰もが読めないような漢字や、英語表記のアパート名は変更を検討しても良いといえます。

アパート名が長すぎる場合

英語表記など、アパート名が長すぎるのも変更を検討したほうが良いケースといえます。
先ほどもご説明したように、アパート名は多くの場面で記載したり伝えたりする機会があります。
そのため、毎回長いアパート名を書くのは面倒であったり、間違いがおきることもあります。
入居者への負担を考えると変更を検討してみても良いでしょう。

古い印象を与えるアパート名の場合

築年数が経過した古いアパートは、コーポ〇〇といったケースが多く、どうしても古い印象を与えてしまいます。
若い世代などからは敬遠され、入居を避けてしまう可能性があるでしょう。
最近のアパートは、フランス語やイタリア語などの、おしゃれなアパート名が増加傾向にあります。
そのため、若い世代に人気で良い印象を与える名前を検討してみるのも良いでしょう。
このように変更を検討したほうがいいケースがある一方で、アパート名を変更しないほうが良いケースもあります。

アパート名を変更しないほうが良いケース

すでに満室であったり、空室になってもすぐに入居者が見つかったりする場合は、アパート名を変更する必要はないといえます。
このような場合は、入居者も変更手続きが必要になってしまったり、不動産会社の担当者が物件名を覚えていることで契約に繋がることもあります。
そのような点でも、変更は避けた方が良いでしょう。
また、すぐに入居者が見つかる傾向にあれば、空室対策をおこなう必要性が現段階ではないといえるでしょう。

アパート名を変更する際の手続き方法と流れ

アパート名を変更する際の手続き方法と流れ

では、実際にアパート名の変更手続きや流れについてご紹介していきます。
また、アパート名を変更したあとにやるべきことについても解説していきます。

変更手続きの流れ①入居者へ事前連絡

アパート名を変更することが決まったら、少なくとも1か月前までには入居者へ告知するようにしましょう。
アパート名が変更になることで、入居者それぞれが電気・ガス・水道などの公共事業者や宅配業者、通信業者への連絡が必要になります。
また、運転免許証や各種契約、クレジットカードなども変更手続きをおこなわなければなりません。
入居者も変更する手続きをおこなう期間を要するため、トラブル防止も兼ねてできるだけ早く入居者へ通知することをおすすめします。

変更手続きの流れ②役所・法務局へ変更の届け出を出す

アパート名が登記登録されている場合は、法務局にて変更登記をおこなう必要があります。
ただし、古いアパートの場合は、登記登録をされていないケースもあるため、法務局にて確認をする必要があります。
また、そのほかに必要な手続きは、役所へ「建物名称変更願」の提出が必要になります。
本人確認書類などが必要となるため、必要書類など詳しくはお近くの市区町村の窓口までお問い合わせください。

変更手続きの流れ③各種業者へ連絡する

法務局や役所での手続きが終われば、下記のような業者へ連絡するという流れになります。

●電力会社
●ガス会社
●水道局
●NTT(タウンページ)
●ゼンリン(住宅地図)


電気・ガス・水道といった公共事業者には、アパート名を登録している場合は請求書などに影響するため変更の連絡が必要になります。
タウンページやゼンリンもアパート名が記載されていれば、必要に応じて変更の手続きをおこないます。
アパート名の変更手続きが終わっても、その後にしておくべきことがあるため注意してください。

看板を新しいアパート名に取り替える

看板やプレートなどがある場合は、早い段階で撤去し新しい名前のものと取り替えるようにしましょう。
専門業者へ依頼する場合は、完成まで時間を要するため、事前に確認しておくと良いでしょう。

入居者と管理会社へのお礼

アパート名を変更すると、入居者には大きな負担がかかってしまいます。
そのため、直接訪問するなどしてお礼をおこなうことをおすすめします。
また、管理会社へ協力してもらった場合は、管理会社へのお礼も忘れずにおこないましょう。
アパート名の変更は、周囲の協力が必要となるため、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

まとめ

アパート名の変更が空室対策に繋がる理由や、変更を検討したほうが良いケース、また変更する際の手続きの流れについてご紹介してきました。
アパート名の変更は、リフォームなどと違い手軽におこなうことができます。
変更する際は、手続きの流れに沿って早めに行動するようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローンにおける収入合算とは?条件やメリットデメリットも解説   記事一覧   新規販売依頼を頂きました【三鷹市井口1丁目一戸建て】|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る